リア充爆発しろ!の心理は”嫉妬”。その感情を原動力に眠っていた自分を奮起させる

エディです。

マイナスの感情を持った時は、ある意味自分を大きく成長させるチャンスです。

 

“リア充爆発しろ”

あなたは、こんな負の感情を抱いたことはありますか?

これって嫉妬から来るもんだと思うんですよね。

あと羨ましいけど自分は手に入らないから悔しいとか劣等感とか。

 

もしあるなら、そのとき罪悪感を抱きませんでしたか?

 

リア充を口撃している自分の感情はおかしい・・

リア充に嫉妬している自分が情けない・・

 

少なからずこんな風に思ったはずです。

こんなマイナスの感情を抱くのはいけないことだと。

 

僕も正にこんな風に嫉妬するタイプなので、よくわかるんですよね。

 

街で可愛い子を連れている男を見て腹が立つ。

YouTubeで女の子を食い漁っている男を見て腹が立つ。

 

(この野郎ぉぉおおお・・・・・・)

こんな風に思うことは頻繁にありました。

※ある程度モテるようになった今でも未だにありますw

例えば、えびすじゃっぷとか(知らない人はYouTubeでどうぞ)

 

そして、僕も同様に自己嫌悪に陥っていたんですよね。

こんなマイナスなことを感じる自分って器が小さいのかな、、

って。

 

ただ、それって全く違ったんですよね。

 

その感情を自分の爆発力に変えればいいだけなんですよ。

怒りとか悔しさのエネルギーをバネに、行動して自分の人生を変えてやりましょう。

別にそういう感情を持つこと自体は何も悪くないんですよ。

 

例えばこれ。

試合中に敵チームの観客から酷い扱いを受け、その後に怒りのレーザービーム(ライトから3塁にバウンドナシの送球)を打ち込んだイチロー↓↓

 

中学時代に壮絶ないじめを受けたこときっかけで、強くって見返してやろうと決意し、世界まで上り詰めたボクサーの内藤大助↓

全部怒りとか悔しさといった負の感情を持ったことがきっかけなんですよね。

世界的に成功している偉人も、一見マイナスとも思える感情を原動力にして、大きな成功を得ているというわけです。

 

だから、僕らも同じようにすればいいだけの話なんです。

 

嫉妬は誰しもするもので、人間なら当たり前の感情です。

直接危害を加えない限り、本当は罪悪感を感じる必要って全くないんですね。

 

重要なのはそういった感情を抱いた後にどうするかです。

悔しいとか嫉妬の感情を爆発的な行動力に転換してやるんです。

そういう負の感情があふれ出ているときほど行動できるので、自分を変える大チャンスなんですよね。

 

僕も実際そうでした。

モテない苦しみが続いた鬱憤をバネに行動しました。

青春を楽しんだリア充が妬ましくて、青春を取り戻すべく、女の子と遊びまくりました。

僕が学生時代からほどほどに恋愛を楽しむ人生を歩めていたとしたら、女の子を遊びまくる人生は絶対に無かったです。

そんな原動力は湧かなかったでしょうからね。

 

だから、もし恋愛面で不満があるなら、大きく変われるチャンスと考えることができるんですよ。

そもそも”嫉妬”の感情は、自分を成長させる起爆剤とするために、備わっている感情なんじゃないかなと。

 

だから、自分の心の内側から出ているシグナルなんですよ。

(((お前、変われよ・・!)))

みたいな。

 

逆に、マイナスの感情が湧いても、何も行動しなければ人生そのままで終わっちゃいます。

 

俺は別に悔しくねーよみたいに、外面だけカッコつけて斜に構えたりとかいうのはいただけませんね。

僕もそういう時期が長かったですが、驚くほど何も変わらなかったです(笑)

得たものは何も無かったし、青春を失って終わりましたね。

 

僕自身が行動できずに後悔した経験があるからこそ、読者さんには今すぐ行動してほしいって思いますよね。

-----------------------------

また、僕は23歳で人生のどん底だった状態から童貞を卒業し、今では150人以上のデート経験があります。

数々の美女をゲットしたり、ここでは言えないような経験もたくさんしてきました。

 

男の人生にとって恋愛というのは切っても切り離せないものです。

  • どんなにお金を稼ごうが、
  • どんなに有名大学に通おうが、
  • どんなに良い企業に勤めていようが、

モテなかったり、満足のいく素敵な彼女ができないというだけで悲惨です。

 

非モテを脱出し、女性に困らない生活が送れるようになると男の人生というのはむちゃくちゃ充実します。

恋愛に対する劣等感が解消されるし、自分にも自信が持てるようにもなりました。

心が通い合うことが無く時間制限のある風俗店や、会話だけで何万円も掛かるキャバクラに通うのは心底アホらしいと思うようになりました。

 

  • 可愛い子と付き合いたい
  • セ○レが欲しい
  • モテまくりたい
  • たくさんの魅力的な女性と付き合いたい
  • 美人で優しいお嫁さんが欲しい

殆どの男性は、表には出さなくても本心ではこんな風に思っているはずです。

僕はその気持ちに素直になることにしました。

すると、途端に人生が楽しくなりました。

自分の気持ちから目を背けた先に待っているのは、後悔だけだったのです。

 

ちなみに、このような理想を達成するのは実は難しいことではありません。

それは、

正しい知識を学び、実践する

シンプルにこれだけで可能となってきます。

 

なお、

コミュ障だろうが、

口下手だろうが、

内向的で陰キャだろうが、

童貞だろうが、

容姿に自信が無かろうが、

そんなのは些細なことです。

全く問題はありません。

 

一度きりの人生、

  • 非モテのままで終わりたくない
  • さっさと童貞を卒業したい
  • 可愛い彼女が欲しい
  • 青春を取り戻したい
  • 男としての自信が欲しい
  • なんとか人生を変えたい

もし、こんな風に考えておられるのであれば、

人生で後悔したくなければ、

僕と同じような人生を送りたいと思ってくれるのであれば、 

その秘訣をあなたにだけお伝えします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。