デートでは「ノンバーバル」が圧倒的に重要。【会話術よりも優先すべき】

こんにちは。

  • デートで2回目につながらない・・
  • デート中、女の子が楽しそうじゃない・・

もしかすると会話やデートコースなどに原因があるのではないかもしれません。

今回は、デートで女の子に好かれるためには会話の内容なんかよりもノンバーバル(態度・行動)の部分が非常に重要だよ!

っていう話です。

ぶっちゃけ、会話下手でもノンバーバルを直すだけで女子ウケはかなり上がります。

猫背で声も小さかった僕が言うので間違いないです(笑)

ノンバーバルを改善するための簡単だけど一番効果のある方法も合わせて紹介するので是非見てみてください。

メラビアンの法則というものがあるのです。

デートの会話術よりも知っておくべき:メラビアンの法則とは

横に並べたハート

この研究は好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱う実験である。感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/メラビアンの法則

つまり、人を評価するときに話す内容(言語情報)はたったの7%しかないわけです。

声の大きさや早さといった話し方(聴覚情報)が38%、姿勢などの見た目(視覚情報)が55%と9割以上を占めているのです。

就職の面接でもノンバーバル要素が多くを占めており、身なりや喋り方などの要素でかなりの部分が決まってしまうのです。

また、少し前にショーンKって芸能人がいましたよね?

色々なニュース番組でコメンテーターをやっていて経歴詐称の件で消えちゃいましたが、あの人はラジオでも人気だったんです。

ところが、リスナーにどういったところが魅力的なのか?と話を聞くと、ラジオの内容を振り返るといまいち何を言っていたのか覚えてないって答えるんですよ。

単に男前だったからというのも理由の一つにあるかもしれませんが、 話す内容に中身は無いけど、あの大人びた余裕たっぷりのダンディーな喋り方(要するにノンバーバル)からラジオパーソナリティーとしても人気を博していたというわけ。

それほど、ノンバーバルを磨くというのは重要なんですね。

じゃあ、デートにおいては重要なノンバーバルとは具体的に何なのか?

デートの会話術よりも知っておくべき:魂に刻むべきノンバーバル

デートのときは下記を強く意識してみてください。
(習慣の問題なので日常生活から意識しておかないと難しいです)

特に美女とのデートでは緊張しがちで落ち着きも無くなり、難易度が高くなります。

①相手の目を見て話す

これは内向的な人は苦手としていることが多いです。

向こうがこっちを見てきたら、無意識に思わず逸らしてしまう人は自信が無いと思われてしまうので直しましょう。

コツはありがちですが、鼻を見るとか眉間を見ると良いでしょう。

②ゆっくり動く

緊張するとついつい動きが早くなったり、ソワソワしたり、体のどこかをさすったりしてしまいがちですが、そういった態度も余裕が無いと見抜かれてしまいます。

緊張していても良いので、表面には出さないよう意識的に気を付けるだけでもかなり変わります。

③ゆっくり大きな声で話す

女の子はゆっくり話す男性に男としての自信を感じるもの。

焦って早口にならないように気を付けましょう。

そして、声は深く息を吸って、大きな声で話す訓練をする。

緊張するとつい声が小さくなりがちで、何度も聞き返されると格好悪いです。

④沈黙になってもソワソワしない

多少の沈黙があっても表向きは堂々としておくのが重要。

  • 沈黙を焦っている姿を見せるのが一番NG。
  • どれだけ喋り上手な男でも多少の沈黙はある。

こういったマインドを持っておくことです。

⑤無駄に笑わない

相手に合わせることに意識が行き過ぎているときにしてしまいがち。

愛想笑いもほどほどにしておきましょう。
(愛想笑いってある意味「媚び」なので)

  • 笑うときは笑う。
  • 真顔のときは真顔。

メリハリをつけるのが大事です。

⑥姿勢を良くする

これだけで自信があるように見えるので非常に大事。

猫背にならないように背筋を伸ばす。

イメージ的には頭から足まで一本の串が刺さっていて、上から吊られているような感じでいるとよいです。

そのイメージだけでも姿勢は良くなります。

デートの会話術よりも知っておくべき:ノンバーバルを改善する最短最速の方法

これはずばり、

自分の姿を録画する(無理なら録音)こと

です。

自分のことを客観的に見るには録画・録音するしかないのです。

僕も近年、女性とのデートは必ず録音している。

最初は自分の声自体が凄いキモくて聞いているだけで恥ずかしいのだけど、改善点が見つかりまくるんですよ。

特に美人とのデートだと早口になってしまっていたりとか、つい薄い反応してたりとか(笑)

だからこそ、実践と改善が物凄く効率的にできるこの方法が本当にオススメです。

ダンスとかやってる人って鏡で自分の姿をチェックしてるじゃないですか?

あれと同じだと思います。

何が悪いのか一目瞭然なんですよね。

まとめ

ノンバーバルの重要項目は次のとおり。

  1. 相手の目を見て話す
  2. ゆっくり動く
  3. ゆっくり大きな声で話す
  4. 沈黙になってもソワソワしない
  5. 無駄に笑わない
  6. 姿勢を良くする

そして、ノンバーバルを改善するための最短最速の方法は録画・録音することです。

これは本当にオススメです。

要は男らしい言動を心掛けて、堂々とするのが大事ってことですね。

アニメとかでも部下っぽい立場のキャラって動きが素早いじゃないですか。

たぶんあれと同じだと思うんですよね。

対して、ボスキャラは低い声でゆっくりと話すし、堂々としている。

女の子は強い男に惹かれるもの。

まずは中身は伴ってなくても全然良いので、まずは外面からでも余裕のある男を真似ていきましょう。

不思議と演じている内に、段々と自己洗脳されるのかその態度が身に付いてくるのでお試しあれ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。