【反論】優しい男がモテないってそんなことないやろ

女性には優しくしてもモテない!

「もっと雑に扱え」

とかって主張する人が最近多いじゃないですか?

 

 

女に優しくしても、どうせ搾取されるだけだ!

って。

 

ただですね、僕はそれって違うと思ってるんですよ。

 

 

 

 

 

やっぱり優しい男はモテますよ。

 

 

結局は、そのみんなが言う”優しさ“の定義の問題だと思うんですけどね。

 

要は、”強い男が見せる優しさ“が女性には響くわけなんですよ。

 

その強い男っていうのは別に肉体的に強くないといけないわけでは必ずしもなくて。

 

自分に自信があったり、

いつも堂々としていて気持ちに余裕があったり、

言いたいことは相手の反応を気にすることなくズバッと言える。

ちょっとやそっとのことがあっても動揺しない。

場合によっては、少し強引かなと思われるレベルで押してくる。

自分に自信があって余裕もあるからこそ、心から他人を気遣うことができる。

そういう頼りがいのある男が出す、本当の優しさを女性は求めているんです。

 

 

逆に、

俺は優しいのにモテないぞ!

とか言っている男性って過去の僕もそうでしたけど、ほぼ”いい人“なんですよ。

 

女性が、

「いい人だとは思うけど惹かれない」

と言うのを聞いたことがあると思います。

 

こういう風に言われてしまう場合って、殆どのケースでその男性に”男らしさ

が足りないんですよ。

 

一歩踏み込む勇気が無かったり、

相手に意見がハッキリ言えなかったり。

 

失敗することを恐れるあまり、

女性を堂々とデートに誘ったり、

真正面から口説いたり、

臆せずホテルに誘ったりすることができない人が多い。

食事代も女の子に嫌われるのが恐いから全部ご馳走してしまうようなマインドを持っている人も多い。

要するに、”いい人”は優しさだけでオスっぽさが足りない。

ただの友達としてしか見られません。

 

なので、こんな風に気の弱い男性の優しさには、女性はやっぱ惹かれないんですよね。

だから、オスっぽさが無い男性だと同じような行動を取ってても「媚び」と取られるというか。

簡単に言うと舐められてるんですよ(笑)

格下に見られてるから、悪い女の子なんかに当たってしまうと搾取されちゃう。

気に入られたいがために豪華な食事やプレゼントを渡しちゃうなんていうのもその極みです。

 

言い方が難しいんだけど、

モテない男性は、そうせざるを得ないからそうしているっていうイメージです。

 

“できるけどやらない”

のと

“できないからやらない”

のが全然違って、後者が説得力が無いのと同じで。

 

強いオスは、

あくまでも選択肢の一つとして優しくしているんですよね。

だから、時には女性に強く主張することだってできる。

突き放すこともできる。

 

勝手にしろよって本心から言える。

出ていきたかったら出て行けばいいじゃんって。

こういう強気でいて、女性が離れていたことってない。

 

突き飛ばしたらくっついてくる。

逆に追いかけたら逃げていく。

ドンと構えてたら勝手に寄ってくる。

 

で、女性は特にそのへん鋭いんでわかるんですよ。

 

いうて結局はオスとメスなんで、草食系とか言いますけど、ある程度のオスっぽさはやっぱり必要。

どこまでいっても恋愛は本能と本能のぶつかり合いなんです。

 

 

なので、そういう意味で強くて本当の意味で優しい男はモテると僕は思ってるし、相手に気遣える人間がモテないはずがないです。

 

だから、

女には優しくするな!

とか言う人が増えている感覚はありますけど、別に優しさは忘れなくて良いよと言いたい。

 

あと特に長期的な関係を築こうと思うと、相手を思いやる心が無いと女性はいずれ離れていきます。

一夜限りとかなら、良い男を演じて、主導権握ってそれっぽく振る舞っていればバレないですけどね。

 

ついでに言っとくと、女性って自分が自覚していないようなところを見てたりします。

 

僕は割と女性に

やっぱり優しいよね

とかって言われるんですよ。

 

どれだけアプローチしてきても、遊びと割り切ってるんだと暗に伝えている女性にも言われる。

 

「どこでそう思ったの?」

って聞くこともあるんですけど、

 

そんなことあったっけ?

みたいなことを言ってくることが多いです。

 

僕はやっぱり女性に気に入られたいし、無駄に傷つけたくはないので、普段から意識して優しくするようにしてるけど、結局それ以外のところで評価されてるんです。

つまり、僕の意識的な気遣いではなく、無意識の言動から、女性は優しさを感じているというわけ。

 

だから、ネットで仕入れた振る舞いや気遣いのテクニックを女性に使っても、ダメな人は全くダメということが言えるんですよ。

要は、その場面だけはテクニックで取り繕えても、他の場面でアウトなことをしているとすぐに中身のない男だとバレちゃうから。

 

つまり、本質的な部分が欠けている男性が見せる”付け焼刃の優しさ”は結局、見抜かれるということです。

あ、こいつ形だけじゃん

って。

 

他のところで雑に扱ってたり、思いやりがないのがバレるんですよ。

 

だからこそ、最終的には人間力みたいなものが問われてくるんですよね。

普段からの人への接し方とか、生き方とか考え方みたいなものが最終的には大事になってくる。

 

女性は、男性に守ってもらいたい願望があるため、自分に対して本当に優しくしてくれる男かどうかの嗅覚は非常に鋭いんでしょう。

 

ただね、

とはいっても、僕は小手先テクニックも大事だとも考えているんですよ。

 

その理由は、最初は誰でも見様見真似から入ることが良いと思っているからです。

最初は薄っぺらい真似事であっても、続けていれば後から本物の実力をつけることは可能なんです。

 

ただ、いつまでも無思考でパクってるだけじゃ、本当の魅力っていつまで経っても身に付きません。

だから、小手先テクニック(本当に効くヤツ限定)も大事なんですけど、それ以上に本質的な人間性を同時に磨いていくことも大事なんですよね。

つまり両輪で磨いていくのが正解です。

 

イメージ的には

小手先テクニックが”見せ方”

本質が”本当の実力”

っていう感じで。

 

本当の実力がある程度あることを前提に、さらに見せ方が上手ければ余計モテるっていうわけ。

逆に、本質の魅力が欠けていると小手先で何をやろうがダメです。

せいぜいワンナイトぐらいじゃないかな。

 

あとこの本質と小手先の話って、トークスクリプトなんかも同じことが言えて。

世の中にはLINEテンプレートとか、デートでのトークスクリプトとかありますけど、あれも本質を理解してないと使いこなせません。

なぜなら、ああいうのって誰がやっても成功するわけでは当然無いから。

 

テンプレートってあくまで”成功事例“でしかないんですよね。
(その教材にそれなりのクオリティがあることが前提にはなりますが)

誰がやっても絶対に成功するなんていうのは絶対にありえない。

 

フレーズというのは

誰が?

誰に?

どんな状況で?

どんな関係性で?

 

このあたりで相手の反応はまるで変わってきます。

ダサいのに調子だけいいような男が、ハイレベルの美女に使っても相手にされないし、弄りフレーズなんて使った日には高確率でキレられるだけです(経験あり)。

 

だから、この本質に関して正しい理解が必要だし、フレーズを実践で試行錯誤しないと自分のモノにはできません。

 

なので、正しい使い方としては、思考停止で使うんじゃなくて、あくまで参考書的に使う。

こんな事例もあるのかと参考に実践で使う。

もし失敗したら、何が悪かったのか考える。

トーンなのか、ポジショニングなのか、相手の見極めなのか。

色々あります。

 

こんな感覚で使うことができる人であれば、一般的に小手先テクニックと言われやすいトークスクリプトだって自分のものにできます。

 

なんか話がズレてきましたが、普通に優しくしていいと思いますよ僕は。

-----------------------------

また、僕は23歳で人生のどん底だった状態から童貞を卒業し、今では150人以上のデート経験があります。

数々の美女をゲットしたり、ここでは言えないような経験もたくさんしてきました。

 

男の人生にとって恋愛というのは切っても切り離せないものです。

  • どんなにお金を稼ごうが、
  • どんなに有名大学に通おうが、
  • どんなに良い企業に勤めていようが、

モテなかったり、満足のいく素敵な彼女ができないというだけで悲惨です。

 

非モテを脱出し、女性に困らない生活が送れるようになると男の人生というのはむちゃくちゃ充実します。

恋愛に対する劣等感が解消されるし、自分にも自信が持てるようにもなります。

心が通い合うことが無く時間制限のある風俗店や、会話だけで何万円も掛かるキャバクラに通うのは心底アホらしいと思うようになります。

 

  • 可愛い子と付き合いたい
  • セ○レが欲しい
  • モテまくりたい
  • たくさんの魅力的な女性と付き合いたい
  • 美人で優しいお嫁さんが欲しい

殆どの男性は、表には出さなくても本心ではこんな風に思っているはずです。

そう思うのであれば、その気持ちに素直になるべきです。

自分の気持ちから目を背けた先に待っているのは、後悔だけだからです。

 

ちなみに、このような理想を達成するのは実は難しいことではありません。

それは、

正しい知識を学び、実践する

シンプルにこれだけで可能となってきます。

 

なお、

コミュ障だろうが、

口下手だろうが、

内向的で陰キャだろうが、

童貞だろうが、

容姿に自信が無かろうが、

そんなのは些細なことです。

全く問題はありません。

 

一度きりの人生、

  • 非モテのままで終わりたくない
  • さっさと童貞を卒業したい
  • 可愛い彼女が欲しい
  • 美女をいっぱい抱いてみたい

もし、こんな風に思っているのであれば、

人生で後悔したくなければ、

僕と同じような人生を送りたいと思ってくれるのであれば、 

その秘訣をあなたにお伝えします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です