マッチングアプリやってみたら秒で200マッチ。まだまだブルーオーシャン過ぎひん?

久々にマッチングアプリに課金してみたんですよ。

タップル誕生。

 

未だに変わらず余裕だよなーって思った。

ぶっちゃけそう思ってしまった。

 

33歳だから年齢的にちょっと落ち目かな?

とも思ってたんですけど全くそんなことなかった。

 

とりあえず、一気にマッチしまくって、

初めてちょうど2週間で2、300マッチぐらい。

 

いいかもはトータル500ぐらいかな?

もらったんですけど、やっぱり見切れない、返しきれない。

 

いや、本当にマジなんでこれ。

 

じゃあ、どうやってそんなことになったのかって言われたら、真っ昼間からベッドでゴロゴロしながら10分くらいでポチポチとプロフ作っただけです。

 

何が言いたいかって別に何一つ頭悩ませたりして頑張ってない。

 

足跡参りとかわざわざそんな労働する必要も無い(というかタップルは足跡機能無い)。

なので、プロフをサクっと作って、ネットに浮かべとくだけ。

これだけで完全自動出会い製造機の完成。

 

別にストリートナンパでもいいけど、コスパでいうならマッチングアプリが圧倒的だとつくづく思う。

 

で、その中から厳選してメッセージするわけですが、全員と会うわけにも当然いきません。

 

というか、今回はアポ確定とセク確定をいくつか既に決めたけど、僕は実は会う気は無くって。

そもそも今はよっぽどの女の子じゃない限り出会いは求めてない。

 

単純に自分の腕が落ちてないかを確かめたかったんですよね。

 

 

 

ちなみに、始めて2週間後の状況↓

最初の課金のみでこんな調子。

だから、よほどの暇人じゃない限り対応できない。

 

まぁ、でも久しぶりにやってみるとなかなか楽しかったです。

 

向こうからきわどい画像とか送ってくる子とか、

 

「エディのおち〇ちん入れたい」

 

「エディとねっとりセッ〇スしたい」

 

「今ならむちゃくちゃ感じる気がする」

 

こういうこと言ってくる子って相変わらず必ずいるんで↓

ちなみにこれ、それぞれ別の子なんですが、後にもっとエグいLINEしてます笑

ていうか僕もむっちゃキモいLINEしてますね。

 

それはともかく非モテ過ぎて、一人暮らしの部屋で泣いてた頃は、僕もこんな女の子がいるなんて夢にも思わなかった。

 

それに、アプリをやりはじめた頃って普通に苦戦してたんですよ。

参入したのは確か2013年頃かな?


一人でやっててもいまいちやり方がわからなかったんですよね。

 

メッセージも、

「はじめまして、エディと言います。良かったら仲良くしてください!」

「趣味はカフェなんですか?楽しいですよね!」

「今度、良かったらご飯行きませんか?」

みたいな出来の悪いAIみたいなメッセージ送ってました。



ライバルがたくさんいる中で、こんなので勝てるわけがありません。



しかも、やり方が悪いと、そもそものマッチング数が少ないんで、

“特定の女の子に固執しちゃう”

んですよね。


はい、完全に”非モテコミット

こうなると精神衛生上良くないです。

四六時中スマホをチェックしちゃうし、仕事にも集中できない。

完全に余裕の無い非モテ男パターンにハマってました。

 

いまいちテンションが上がらない子としか会えてなかった。

けど、やり方がウンコだったのでどれだけ労力割いても、リターンがショボ過ぎたんですよね。

 

あと、アプリではなく出会い系だとサクラに騙されて、待ち合わせ場所まで行った挙句、相手が来なかったりとかも普通にありましたからね。

辛酸を舐めてました。

 

それに比べると今は正真正銘の天国。

まぁ、それは色々と研究して試行錯誤したからに他ならないんですが。

 

要は、なんでもやり方次第っていうわけです。

僕も昔は全然わかってなかったけど、やっぱり正しいノウハウって超大事です。

 

そのお陰で、選んでもらう側から完全に選ぶ側になって。

 

非モテコミットとは無縁の穏やかな日々。

女の子から誘われても、気が向いた一部の子しか応じません。

デート中も昔の僕からしたら謎に余裕の態度とってます。

 

正しく下剋上。

 

 

ただね、

こういうアプリを楽しみながらも僕、ムカついてて。

 

なぜかっていうと、

いつもの如くリア充に?

勝手にムカついています。

 

リア充達は高校・大学、下手したら中学からエロくて可愛い子達とエ〇チしまくってたんだって。

 

それをどうしても考えちゃう。

 

むっちゃ悔しい・・・!!!

って。

 

だって、

夏休みとかにきっと汗だくセッ〇スとか普通にやりまくってます。

処女だって奪いまくってます。

しかも、多感で女の子もウブな青春時代に。

 

一方、僕はというとオ〇ニー三昧ですよ。

リア充達は愛のあるセッ〇スをしまくって朽ち果ててたのに対して、僕は暗い部屋で一人シコって朽ち果ててましたからね。

 

 

これを想像して悔しいとか思わない男ってホントにいるんですかね???

 

そして、

30歳前後になって散々イケメンリア充にベロベロされてきた女子を結婚相手として引き取る非モテ男子。

 

あーマジであかん、これは。

直視したら即死するやつです。

こんな残酷な事実、知らないまま死んだほうがマシかもしれない。

 

そして、こんな素晴らしい世界を23歳まで知らずにアホみたいな顔して生きてた僕。

いい歳して手すらつないだこともなく、一人の女の子に必死にすがりついて泣いていた僕。

ほんまに愚か者過ぎた。

完全にオスとして負け組だった。

 

ただ、世の中にはもっと高齢で童貞の人もいます。

23歳まで童貞だった僕も、高齢童貞とまでは言えないでしょう。

 

けど、それでも僕は失った時間と青春のことを今でも後悔してるんですよね。

だから、今を必死に生きてます。

 

未だにリアルに3日に1日ぐらい後悔してる。

 

18歳ぐらいのときに普通に恋愛しときたかった・・・と。

 

20歳前後の疎外感とか劣等感は半端無かった。

周りはどんどん童貞捨てていく中、僕だけゴリゴリの童貞でしたからね。

 

僕は欠陥人間なんだ・・

僕は無価値なんだ・・

 

こうやって確信してました。

 

そう。

だから今回もコンプレックスを勝手に刺激されて。

 

エロいLINEしながらも、昔を思い出して嫌な気分になってたんですね。

 

 

 

おっと、話がそれましたねw

 

まぁ、それはさておき、昔の僕なら完全に見逃してたような子達だけど、今なら自分の嗅覚でわかります。

そして、その子達の潜在欲求を掘り起こしてあげて、最終的にきわどいメッセや画像を送って来てもらうのが楽しい。

 

なんかゲーム感覚でやってて、相手に失礼だけど。

けど、楽しいもんは楽しいし、女の子も楽しんでると思います笑

完全にWINWINの関係です。

何の問題も無い。

 

僕はもう30代半ばを迎えようとしているけど、もっと魅力的な男になりたいと思ってます。

僕はこうやって女性に不自由しなくなったのも、23歳から頑張ったからこそ。

 

それでももっと上を目指したい。

何かを始めるのに、遅いことなんてないって思ってるし、時間は何よりも貴重な財産だっていうことは、過去の経験から痛感してます。

 

更に自信を身に付けて全能感にあふれる男になりたい。

替えの利かない、希少価値の高い男になるために頑張る。

リア充にこれ以上、負けて辛い思いをしないためにも頑張る。

 

もっと見返してやりたい。

ブチ抜いてやりたい。

 

ちなみに、昔ならこんな上昇志向な発想は考えられない。

けど、成功を重ねるうちに段々と野心って芽生えてくるんよね。

 

でも、やっぱり男は積極的に動くヤツこそ幸せを掴むと確信してるんです。

特に恋愛は受身で消極的な男性は何も得ることができない。

彼女ができても、結婚できても、妥協に妥協を重ねた相手しか掴まえられないのがオチです。

 

 

リア充達に噛まれまくって・・

味がしなくなったような・・

 

もうやめときます。

 

 

とにかくね、

 

それで本当に幸せか・・?

 

って僕は普通に思うんです。

 

 

 

 

 

いや、ダメでしょそんな負けっ放しの惨めな人生

 

 

 

一度の人生、美女を抱かずに本当に死んでいくんですか?????

 

 

まぁ、本人が幸せならいいんで、余計なお世話かもしれないけど。

 

こういうことを考えたら、行動しない理由って1ミリも無いですよね。

男の人生は、リスクをとらないことが最大のリスクなんです。

 

めんどくさいとか、金が勿体ないとか、女の子に断られるのがこわいとかっていうのも、モテないまま人生が終わることを考えたら、むっちゃしょーもない悩みだって本当に思いますよね。

ただ、僕だってこんな状況になれたんで、チャンスって誰の目の前にでも実は転がってるんですよね。

 

ちなみにマッチングアプリに関しては、女性で登録したらわかるけどライバルの男がむっちゃザコです。

プロフにしても、送ってくるメッセージにしてもむっちゃ弱い。

だから、まだまだブルーオーシャンなんですよね。実は。

 

僕らみたいな男達で、リア充に反逆したいですよね。

大規模な下剋上を起こしてやりたい。

 

ちなみに、近い内にTwitterで企画やる予定です。

-----------------------------

また、僕は23歳で人生のどん底だった状態から童貞を卒業し、今では150人以上のデート経験があります。

数々の美女をゲットしたり、ここでは言えないような経験もたくさんしてきました。

 

男の人生にとって恋愛というのは切っても切り離せないものです。

  • どんなにお金を稼ごうが、
  • どんなに有名大学に通おうが、
  • どんなに良い企業に勤めていようが、

モテなかったり、満足のいく素敵な彼女ができないというだけで悲惨です。

 

非モテを脱出し、女性に困らない生活が送れるようになると男の人生というのはむちゃくちゃ充実します。

恋愛に対する劣等感が解消されるし、自分にも自信が持てるようにもなります。

心が通い合うことが無く時間制限のある風俗店や、会話だけで何万円も掛かるキャバクラに通うのは心底アホらしいと思うようになります。

 

  • 可愛い子と付き合いたい
  • セ○レが欲しい
  • モテまくりたい
  • たくさんの魅力的な女性と付き合いたい
  • 美人で優しいお嫁さんが欲しい

殆どの男性は、表には出さなくても本心ではこんな風に思っているはずです。

そう思うのであれば、その気持ちに素直になるべきです。

自分の気持ちから目を背けた先に待っているのは、後悔だけだからです。

 

ちなみに、このような理想を達成するのは実は難しいことではありません。

それは、

正しい知識を学び、実践する

シンプルにこれだけで可能となってきます。

 

なお、

コミュ障だろうが、

口下手だろうが、

内向的で陰キャだろうが、

童貞だろうが、

容姿に自信が無かろうが、

そんなのは些細なことです。

全く問題はありません。

 

一度きりの人生、

  • 非モテのままで終わりたくない
  • さっさと童貞を卒業したい
  • 可愛い彼女が欲しい
  • 美女をいっぱい抱いてみたい

もし、こんな風に思っているのであれば、

人生で後悔したくなければ、

僕と同じような人生を送りたいと思ってくれるのであれば、 

その秘訣をあなたにお伝えします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です