一度でいいから女子高生と付き合ってみたかった人生でした・・

こんにちは、エディです。

 

青春コンプレックスの塊の僕は、たまにこういう軽い発作が起こります。

僕はプロフィールでも書いている通り、ド非モテを経験した後、女の子とそこそこ遊んできたにも関わらず、未だに恋愛に未練を持ってるんですよね。

 

その中でも一番の未練は、

10代という人生で一番若いときに全く恋愛できなかった

ということ。

 

街を歩いている可愛い女子高生を見掛ける度に、未だにやるせない感情がわいてくるんです。

 

あーもう自分には一生縁のない子達なんやなー

と。

 

街中とか公園のベンチでいちゃいちゃしている高校生カップルを見ても思いますよ。

ああいう甘酸っぱい恋愛を僕は経験することはないんやなー

って。

 

もう彼女たちのような存在は手に入らないのだという虚しさが襲ってきます。

童貞を卒業して何年経っても、未だに悲しい気持ちになります。

 

もう法を犯さない限りどうにもならないですから。

せいぜいできることと言えば、道を歩いている女子高生の近くを通って、残り香を嗅ぐことぐらい。

 

ただね、僕は10代の女の子ともセックスした経験はあるし、上は40代後半まであります。

それは、モテなかった青春時代を取り戻したい気持ちで必死に行動して、最終的に50人ぐらい女性経験を積んだからです。

 

けど女子高生は無い。

 

ただね、

高校卒業したての19歳なら経験あるんです。

 

実は、その子にもホテルでJKのコスプレしてもらってむっちゃエロいセックスもしたし、付き合った彼女ともコスプレしたことはあります。

 

なので、なんだかんだで色々経験してるやん・・と、イラっと来た人もいるかもしれません。

 

 

 

けど決定的に違うんですよ。

 

 

何が違うって、まず

あの薄っぺらいコスプレ特有の生地。

 

まっっったくと言っていいほど本物の女子高生の制服とは違う。

 

というか、生地の見た目のリアルさがうんぬんよりも、感情的な面で決定的に違います。

 

本物の女子高生とじゃないコスプレセックスなんて、VRで超リアルなエロ動画見てシコってるようなもんで。

それは単にリアルなだけであって、決して本物ではないということです。

 

ブランド物の服と酷似した偽物を買っても、いまいち気持ちが満たされないのと感覚的に似てる。

僕もコスプレセックスを経験するまでは、思ってました。

コスプレセックスさえすれば、僕の青春コンプレックスは解消されるんだと。

 

ただ、現実は全然違って心までは満たされませんでした。

 

あーーーーー、似てる。

けど結局違う。。

どうせ偽物やもん。

 

こういう気持ちになるんです。

だから、制服の生地の質がどうこうとか、女の子の肌の触感がどうこうとかっていう物理的な話ではないです。

それに、歳が30代半ばにもなってくるとそもそも女子高生なんて若すぎて子供にしか見えない。

 

だから僕が本当に欲しいものは、肉体とかじゃなくて、ピュアな高校生時代に女子高生と恋愛するという”思い出そのもの”なんですよね。

ただ、それはもう絶対に手に入らないっていうことです。

 

なので、どれだけ女の子と遊んでも恋愛コンプレックスは解消されない。

一生、後悔の念が晴れることはありません。

 

もう過去をやり直したり、青春を取り戻すことは100%できない。

 

ただ、こういう後悔って別に僕だけが持つ特別な感情ではなくって、モテない経験をしている人なら、誰でも多かれ少なかれあるはずなんです。

 

特に非モテ期間が長かった男性は、恋愛に対して必死になって来なかったことを後悔してる人が多いです。

 

「なんでもっと若い時に必死になっておかなかったんだろう・・」

「行動してこなかったことを本当に後悔してます、、」

「もう一度、若い頃からやり直したいです。。」

こんな感じのセリフ、実際に何人からも聞いてきました。

 

そして、それは僕も正に思ってきたことなので痛いほどわかります。

 

モテないといっても原因は様々だと思います。

なんとなく危機感は感じていたけど、モテないことと向きあうのを避けてきた人。

「別に女なんていらねーよ」「女に必死になるとかだせぇ」みたいに斜に構えてきた人。

辛い失恋があって、恋愛を忘れようと他の事に目を向けてきた人。

本当に自分に自信が無くて、女性に対してひたすら臆病だった人。

色んな人がいると思います。

 

それが原因で30代や40代で童貞とか、童貞じゃなくても殆ど経験無いとか。

この記事を見ている人の中には、50代~でも童貞の人もいるでしょう。

 

けど、こうやってボヤいてても何にもならなくって。

 

このままの人生で終わらせたくないんなら、今からでも必死にもがく。

それしか本当にないんですよね。

 

だから、

街中でイチャついてるカップルとか、スーパーとかで買い物してて、これから家に行くんだろうなーみたいな雰囲気のカップルを見たときに、

羨ましいなー・・

とか

なんで自分だけこんな寂しいんだ・・

とか

こいつら燃やしてやりたいなー

みたいな気持ちが湧いてくるなら、チャンスは普通に残ってると思います。

 

なぜかというと、その負のパワーを行動力に活かすことができるからです。

 

逆に、感情を自分の心に留めてストレスになったり、風俗・ソープや食欲とかに散財してしまうのは本当に勿体なさ過ぎます。

援助交際して捕まっているニュースとかもたまにあって、あれも非モテ男性が青春を取り戻そうとした末路ですが、そんな結末は本気で最悪です。

だから、その負のエネルギーはもっと前向きなことに使って欲しいって思うんですよね。

 

ただ、こんな前向きなことを言っても、

俺は何をやってもモテないんだ。。

とか

一生モテない星の下に生まれてきたんだ。。

とか

思ってしまっている人も多いかもしれません。

僕もモテなかった頃はひたすらそうやって自分を責めていたので、よくわかります。

 

ただ、僕自身もモテない劣等感を行動力に転換して、這い上がってきたので、あなたにもやってできないわけないと本気で思ってます。

マジでやれば人生変わります。

だから、最初の一歩が本気で大事です。

↓落ち込んでた流れでYouTubeも撮りました。

-----------------------------

また、僕は23歳で人生のどん底だった状態から童貞を卒業し、今では150人以上のデート経験があります。

数々の美女をゲットしたり、ここでは言えないような経験もたくさんしてきました。

 

男の人生にとって恋愛というのは切っても切り離せないものです。

  • どんなにお金を稼ごうが、
  • どんなに有名大学に通おうが、
  • どんなに良い企業に勤めていようが、

モテなかったり、満足のいく素敵な彼女ができないというだけで悲惨です。

 

非モテを脱出し、女性に困らない生活が送れるようになると男の人生というのはむちゃくちゃ充実します。

恋愛に対する劣等感が解消されるし、自分にも自信が持てるようにもなります。

心が通い合うことが無く時間制限のある風俗店や、会話だけで何万円も掛かるキャバクラに通うのは心底アホらしいと思うようになります。

 

  • 可愛い子と付き合いたい
  • セ○レが欲しい
  • モテまくりたい
  • たくさんの魅力的な女性と付き合いたい
  • 美人で優しいお嫁さんが欲しい

殆どの男性は、表には出さなくても本心ではこんな風に思っているはずです。

そう思うのであれば、その気持ちに素直になるべきです。

自分の気持ちから目を背けた先に待っているのは、後悔だけだからです。

 

ちなみに、このような理想を達成するのは実は難しいことではありません。

それは、

正しい知識を学び、実践する

シンプルにこれだけで可能となってきます。

 

なお、

コミュ障だろうが、

口下手だろうが、

内向的で陰キャだろうが、

童貞だろうが、

容姿に自信が無かろうが、

そんなのは些細なことです。

全く問題はありません。

 

一度きりの人生、

  • 非モテのままで終わりたくない
  • さっさと童貞を卒業したい
  • 可愛い彼女が欲しい
  • 美女をいっぱい抱いてみたい

もし、こんな風に思っているのであれば、

人生で後悔したくなければ、

僕と同じような人生を送りたいと思ってくれるのであれば、 

その秘訣をあなたにお伝えします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です