清楚系女子(23)の家にお邪魔してパコってきました in 姫路

姫路城って知ってます?

別名”白鷺城”とも言われるお城です。

 

城の改修が数年前にあって、そのときは式典でブルーインパルスとか飛んでたらしい。

 

で、

あそこで若い子をナンパしてゲットしてたんですよ。

 

某日、仕事でたまたま姫路駅周辺に用があって。

 

仕事を終え、

こりゃ、さすがにナンパをしなきゃいかんな・・・

ということで、責任感に駆られて声掛けをすることにしたんです。

 

仕事を終わらせ姫路駅前へ戻ります。

ちなみに、写真左の道路の先に小さく見える白い建物が姫路城です。

実際はもっと鮮明に見えます。

 

←(西)の方に少し歩くとラブホが何件かあります。

正面の建物の奥には商業ビルがたくさんあり、飲食店などがたくさん立ち並んでいます。

御幸(みゆき)通りという長い商店街があります。

 

なので、写真のあたりで食事をして、その後、歩いて5分のホテルへ・・

というなかなかコンパクトに纏まった便利な街なんです。

 

アプリや出会い系で兵庫県西部の子と出会うこともあり、そんなときには大抵、姫路駅前でデートしてきました。

だから、この写真を見るだけでも、色々と思い出すんですよ。

 

ワ〇ワ〇メールで出会ったドエロいまぁまぁ可愛い子としばらくセ〇レになって、アホほどパコりまくったり、

また別の出会い系で出会った普通に可愛い子とパコったり、

学生時代の友達と車で姫路に行ってホテヘル呼んで、友達だけがクラミジアに感染したり。

 

うわっ、なんか書いてて思い出しちゃいましたけど、

僕の相手してくれた女の子。

 

ホテルのクーラーでお腹を冷やしたのかわかりませんが、致した直後にトイレに行き、爆音でブリブリしてたのでかなり引いちゃった思い出があります。

(丸聞こえやで・・・)

っていう。

 

とまぁ、そんな感じでゲスい思い出がそれなりにあります。

なので、数は少ないけど結構、思い出深い街。

 

北側にはこんな芝生広場もあり、路上ライブ的なこともしてたりします。

 

地方都市ということもあり、大阪の繁華街のように駅前でも人でごった返すことはありません。

なにしろ適度な人口密度だから基本的に声掛けの反応が良い。

 

ただ、この時点でも姫路駅前で何度かストナンしたことはあったんですけど、未ゲットだったんですよね。

 

可愛い子からバンゲしたんだけど、

「今度、遊ぶとき友達も呼んでいい?」

みたいなことを言われて面倒になって連絡を取らなくなったり。

 

今日はなんとなく連絡先を交換してしまったんですけど、色々と考えた結果、やはりこういうのは良くないと思うので・・・

みたいな感じで、LINEでフラれたり、

 

むっちゃ可愛い子からバンゲできて何度もデートしてたんだけど、

僕と付き合う気マンマンだったようで、それになんか罪悪感感じちゃって、手を出さないまま連絡取らなくなっちゃったり。

 

やろうと思えば普通にゲットできてたはずなんですが、僕は中途半端にクズなんで、心を鬼にできないんですよね。

だから、そんな感じでストナンからのゲットは未だできてなかったのです。

 

 

・・・

 

話を戻しましょう。

 

そして、何声掛けぐらいしたかは忘れました。

目の前をフラフラと歩く清楚系の女の子が通り掛かったんで、声を掛けました。

エディ「おーい、こんばんわ^^」

みたいな感じで、適当に声掛けするとオープン。

 

清楚系の23歳。

確か事務してるって言ってたかな?

なんか今から友達と待ち合わせらしく、バンゲしてその日はお別れ。

 

後日、昼下がりにナンパした場所で待ち合わせ。

すぐ近くのカフェに行って話していると、女の子がカラオケが大好きっていうもんで、カラオケに行くことに。

 

で、

女の子が夢中になって歌いまくります。

なんか立ったほうが気合が入るらしく、必ず立って歌ってました。

 

僕はカラオケ嫌いなんで、そっちのほうが助かるんですが、雰囲気を作れないので何曲か歌ってから、強引にぶった斬ってキス。

なんか手や腕が当たったり、距離感が近いのはわかってたんで。

 

イチャつくと顔がとろ~んとしてて。

「お~これはいけるな。」

と確信して。

 

その後、近くのホテルに行ってゲットしてたんです。

 

それから数週間後、その子が一人暮らし始めたっていうもんで、仕事終わりにお邪魔してきました。

その子の最寄り駅まで迎えに来てもらって、ミスドでドーナツを買い、歩いて5分ぐらいでその子のアパートに到着。

 

歩いているときも距離が近かったので、

「この子、寂しいのかな?」

って思いましたね。

 

そういうのってどちらかというと言葉よりも、距離感とか雰囲気でわかるんですよね。

 

ちなみに僕、女の子の家にお邪魔したのって本当に5人ぐらいしかいないんですよ。

歴代彼女もほとんどが実家暮らしだったしね。

 

だから、初めて入るときってワクワクドキドキしちゃう。

 

 

で、

結論から言うと、

 

 

 

また顔をぺろぺろ舐められました。

 

頼んでも無いのになぜ?

僕はよく顔を舐められます。

といっても、全員がそうではないんだけど20%ぐらいの確率はあるかもしんない。

 

 

家に入ってベッドに座らせてもらうと、すぐにくっついてきて、

たくさん奉仕されて骨抜きにされて。。。

 

簡単なご飯を作ってくれて食べ、10時半頃にお別れしました。

 

その後も連絡を取り合ってて、結構、何度も誘われたんですが予定が合わず。

そのまま会うことはありませんでした。

 

 

で、この記事で何が一番言いたいかっていうと

また顔を舐められましたっていう話です。

 

なんか僕から舐めて欲しいオーラが出てるんでしょうか??

-----------------------------

また、僕は23歳で人生のどん底だった状態から童貞を卒業し、今では150人以上のデート経験があります。

数々の美女をゲットしたり、ここでは言えないような経験もたくさんしてきました。

 

男の人生にとって恋愛というのは切っても切り離せないものです。

  • どんなにお金を稼ごうが、
  • どんなに有名大学に通おうが、
  • どんなに良い企業に勤めていようが、

モテなかったり、満足のいく素敵な彼女ができないというだけで悲惨です。

 

非モテを脱出し、女性に困らない生活が送れるようになると男の人生というのはむちゃくちゃ充実します。

恋愛に対する劣等感が解消されるし、自分にも自信が持てるようにもなります。

心が通い合うことが無く時間制限のある風俗店や、会話だけで何万円も掛かるキャバクラに通うのは心底アホらしいと思うようになります。

 

  • 可愛い子と付き合いたい
  • セ○レが欲しい
  • モテまくりたい
  • たくさんの魅力的な女性と付き合いたい
  • 美人で優しいお嫁さんが欲しい

殆どの男性は、表には出さなくても本心ではこんな風に思っているはずです。

そう思うのであれば、その気持ちに素直になるべきです。

自分の気持ちから目を背けた先に待っているのは、後悔だけだからです。

 

ちなみに、このような理想を達成するのは実は難しいことではありません。

それは、

正しい知識を学び、実践する

シンプルにこれだけで可能となってきます。

 

なお、

コミュ障だろうが、

口下手だろうが、

内向的で陰キャだろうが、

童貞だろうが、

容姿に自信が無かろうが、

そんなのは些細なことです。

全く問題はありません。

 

一度きりの人生、

  • 非モテのままで終わりたくない
  • さっさと童貞を卒業したい
  • 可愛い彼女が欲しい
  • 美女をいっぱい抱いてみたい

もし、こんな風に思っているのであれば、

人生で後悔したくなければ、

僕と同じような人生を送りたいと思ってくれるのであれば、 

その秘訣をあなたにお伝えします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です