【Dream Theater / Images and Wordsレビュー】プログレメタルとモテの関係性。この歴史的名盤は全人類必聴

どうも、エディです。

 

今回は、聴いたら金玉がふっ飛ぶぐらいの衝撃的なアルバムを紹介します。

全人類に聴いて欲しいし、かつ、良さを理解して欲しいので記事にしました。

 

また、”音楽”と”モテ”は実は関係性が深かったりするので、それにも触れていきます。

Dream Theater / Images and Wordsレビュー

Image & WordsはDream Theaterというアメリカのプログレメタルバンドが1992年に発表したセカンドアルバム。

 

なお、”プログレメタル”は音楽ジャンルの一つで、プログレッシブロック(=プログレ)と、ヘヴィーメタル(=メタル)が融合したもの。

 

プログレって知らない人が多いと思いますが、有名処だと”Yes”とか”Pink Floyd”、”King Crimson”とかですかね。

Yesに関しては、”ジョジョの奇妙な冒険”の主題歌?にも採用されたことがあるので知っている人もいるでしょう。

 

プログレの特徴を一言で言うと、長ったらしくて、ノレなくて、めんどくさい。

それにヘヴィーメタルのやかましさが融合した音楽がプログレメタルです。

 

別にディスっているわけではありませんよw

 

1曲で25分ぐらいある曲もあります。

変拍子バリバリなので普通のJポップみたいにノレません(ズレるので)

ギターもピロピロうるさい。

 

ただ、それがいいんですわ。

 

で、僕が人生で初めて心の底から感動されられたアルバムが本作になります↓

Images and Words – Track List
 
01 Pull Me Under
02 Another Day
03 Take the Time
04 Surrounded
05 Metropolis, Pt. 1- The Miracle and the Sleeper
06 Under a Glass Moon
07 Wait for Sleep
08 Learning to Live
 
 

一番をもし選ぶとしたらトラック5の

Metropolis, Pt. 1- The Miracle and the Sleeper

ですかね。

 

 

聴いた感想は、

 

 

 

 

え・・・今、なにが起こった?

 

 

です。

 

 

オブエタニディ~~~~♪ドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥル

 

・・・・・

 

 

さっき再生したと思ったのに、気付けば曲が終わっていたんです。

 

10分近くある曲ですよ。

嘘じゃないですこれ。

 

大げさじゃなく時間がワープしてたんですよ。

そこまで曲に入り込み、感動させられ続けてたってわけです。

 

弱冠16歳の高校2年生だった当時の僕は、このとき音楽に対する価値観が崩壊しました。

 

音楽って心地良く楽しむだけじゃなく、感動できるもんなんだと。

この頃のDream Theaterの楽曲群は正に”ドラマティック”という言葉がぴったりです。

 

ドラマティックなメロディーと展開。

超テクニカルな楽器陣でメタル界だとトップクラスと言われるのも納得。

テクだけじゃなくフレーズも最高レベルに良い。

そこに、ボーカルのジェイムズ・ラブリエの心が洗われるような透き通った声が乗っかります。
(なおこの後、ラブリエは段々のび太のような芯の無い声質に変化していきます、、)

 

勿論、この曲以外も名曲揃いです。

正直、どの曲のほうがいいとか無くてどれも名曲。

 

ただ、何百回と聴いて当初の感動はもう味わえないので、本気でもう一度あの時に戻りたいなーと思います。

 

こんな感じで、このアルバムには人生で一番感動させられました。

 

ただですね、

一番最初に聞いた印象は、

 

 

なんじゃこの意味わからん音楽?

だったんですよね。

 

 

曲の展開も雰囲気もメロディーも複雑なので理解できなかったんです。

 

ネットで評判良いから買ったけど、なんかよくわからん。微妙やなぁー

小難しい音楽聴いてる俺カッケーって酔いしれたいだけやろ。

 

みたいに思い、数か月間部屋の片隅に眠らせてました。

 

で、ふともう一度聞いてみようとCDコンポに掛けてみると、

衝撃体験・・

というわけです。

 

だから、僕が忖度なくオススメするとしたら間違いなくその1つに入るアルバムです。

もちろん音楽なので好みはありますが、何度も聞いて全体像がわかってくると、良さがわかるはずです。

ところで。プログレやメタル好きな男性はモテない??

なお、プログレとかメタルを聴いている男性はモテないタイプの方が正直多いです。

 

特にライブとか行くとなんとなく雰囲気でわかります。

とか言いつつ、僕もちゃっかりその場にいるんですが(笑)

 

というのも、やはり音楽の好みって性格が出るんですよねー。

 

プログレメタルを聴く人のメイン層は

→神経質、理屈っぽい、気難しい。

こんな感じなんで。

 

逆にモテる奴らって”雰囲気”とか”ノリ”を楽しめる人です。

だから、レゲェとかEDMみたいな雰囲気やノリを楽しむ音楽を聴く層は、おおらかで社交的でモテる人間が多いです。

実際、クラブに行くと陽キャのモテるタイプの男性が多いです。

女性は場の雰囲気(例えば、共感とか)を楽しむことを重視するので、後者の方が人間として理解もされやすいのでモテやすい傾向にあるんですよね。

 

男性は、何かしらの課題解決(有益な情報交換や議論など)を会話の目的とすることが多いですね。

そして、プログレやメタルを聴く男性は特にその傾向が顕著です。

 

が、女性はそうじゃありません。

 

その場の雰囲気を楽しみたい!

共有したい!

共感したい!

そういう傾向が強いので、必然的に話が合わないことが多いです。

 

僕も昔は、共感とかうぇーいとか糞だと思ってました。

 

ただ、僕らなんかめんどくさい勢にも勝機は全然あると思ってまして。

というのも恋愛も感覚に頼るのではなく、理論詰めで勉強すれば、モテるようになる可能性はバリバリ秘めているということ。

 

ライバルは感覚重視で、理詰めで勉強するという発想は殆どありませんから。

 

僕も今では恋愛コンサルとかやって生徒さんを何人も抱えてますが、ほんと最底辺のド非モテう〇こ野郎でしたからね。

センス皆無なのに感覚だけを頼りに彼女作りを頑張っていたせいで、結果が出なかった時期があったので、理論の重要性は痛感しています。

 

なので、今は苦戦してても、ちゃんと勉強してちゃんとやれば可愛い子とオイシイ思いをするのは割と簡単です。

 

そもそも、プログレやメタルを聴く層は、いわゆる”いい人”も多いし、頭が良い人も多い印象です。

ちょっと気難しかったり、大人しい人が多いだけで、常識もあるし、教養もあり、人としての基盤は整ってる方が多いです。

特に、メタルは高学歴の人が聴く傾向にあるという大学の研究結果もありますからね。

 

だから、逆にいい人であることが禍して、自分の可能性に気付かないことが多く、勿体ないと思いますね。

実際はチャンスありまくりです。

なので、感覚派ではない僕らは理論で攻めるのが正解ですね。

 

↓YouTubeでも喋ってます。

-----------------------------

また、僕は23歳で人生のどん底だった状態から童貞を卒業し、今では150人以上のデート経験があります。

数々の美女をゲットしたり、ここでは言えないような経験もたくさんしてきました。

 

男の人生にとって恋愛というのは切っても切り離せないものです。

  • どんなにお金を稼ごうが、
  • どんなに有名大学に通おうが、
  • どんなに良い企業に勤めていようが、

モテなかったり、満足のいく素敵な彼女ができないというだけで悲惨です。

 

非モテを脱出し、女性に困らない生活が送れるようになると男の人生というのはむちゃくちゃ充実します。

恋愛に対する劣等感が解消されるし、自分にも自信が持てるようにもなりました。

心が通い合うことが無く時間制限のある風俗店や、会話だけで何万円も掛かるキャバクラに通うのは心底アホらしいと思うようになりました。

 

  • 可愛い子と付き合いたい
  • セ○レが欲しい
  • モテまくりたい
  • たくさんの魅力的な女性と付き合いたい
  • 美人で優しいお嫁さんが欲しい

殆どの男性は、表には出さなくても本心ではこんな風に思っているはずです。

僕はその気持ちに素直になることにしました。

すると、途端に人生が楽しくなりました。

自分の気持ちから目を背けた先に待っているのは、後悔だけだったのです。

 

ちなみに、このような理想を達成するのは実は難しいことではありません。

それは、

正しい知識を学び、実践する

シンプルにこれだけで可能となってきます。

 

なお、

コミュ障だろうが、

口下手だろうが、

内向的で陰キャだろうが、

童貞だろうが、

容姿に自信が無かろうが、

そんなのは些細なことです。

全く問題はありません。

 

一度きりの人生、

  • 非モテのままで終わりたくない
  • さっさと童貞を卒業したい
  • 可愛い彼女が欲しい
  • 青春を取り戻したい
  • 男としての自信が欲しい
  • なんとか人生を変えたい

もし、こんな風に考えておられるのであれば、

人生で後悔したくなければ、

僕と同じような人生を送りたいと思ってくれるのであれば、 

その秘訣をあなたにだけお伝えします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。